Windows 10 USB 回復ドライブ作成手順

画像

回復ドライブとは、パソコンに問題が発生した場合、Windows が正常に起動できなくなる場合がある。そこで、回復ドライブを事前に作成しておき、その作成した回復ドライブを起動し、オプションの選択から、以下のようなことができるようになる。

ドライブから回復:以下の 2メニューから選択し、回復を実行する。

ファイルの削除のみ行い、パソコンを引き続き使用する。

Windows をすべて削除し、ドライブを完全にクリーンアップする。

トラブルシューティング:さらに詳細オプションから、以下のメニューを選択する。

スタートアップ修復:Windows 起動の不調を自動修復しようとする。

システムの復元:あらかじめ作成しておいた復元ポイントへ復元する。

イメージでシステムを回復:作成しておいたシステムイメージから復元する。

コマンドプロンプト:コマンドプロンプトで修復を試みる。

以前のバージョンに戻す:Update したバージョンを以前のバージョンへ戻す。

デバイスの使用:USB ドライブ、ネットワーク接続、またはリカバリ DVD を使用して回復を試みる。

このページでは、Windows の回復ドライブを、USB メモリに作成する手順を記す。使用している画像は、Windows 10 21H1 のものである。

----- 関連記事 -----

Windows 11 ISOイメージファイルのダウンロード

Windows 11 インストール用USBメモリの作成

データ維持して Windows 11 を初期化する

データ維持して Windows 10 を初期化する

Windows 10 21H1 USBメディアの作成

Windows 10 21H1 ISOファイルの作成

1、USBメモリについて

回復ドライブ作成後の総ファイルサイズは、5.42GB になる。Microsoft は、実際に使用する回復ドライブ作成時の USB メモリのサイズは、16GB 以上を推奨している。このページで実際に使用した USB メモリのサイズは 16.0GB である。

※ 注意事項

USB 規格 3.0 は現在のところ作成時に失敗することが報告されているため、USB 規格 2.0 を使用することをお勧めする。しかし、USB 規格 3.0 を使用する場合は、USB 2.0 のポートに接続して作成する。

また、回復ドライブ作成の途中で警告は出るが、作成処理の過程で USB メモリ内のデータはすべて削除される。

2、回復ドライブの作成から完了までの手順

ここから回復ドライブの作成の方法を、手順を追いながらできるだけていねいに進めていくことにする。

▶ 手順 1

最初に、回復ドライブを作成するパソコンの USB ポートに、USB メモリを接続する。

▶ 手順 2

回復ドライブの作成を開始するには以下の方法で、システムツールからコントロールパネルを開く。

[ メニューボタン ] をクリックする。

[ Windows システムツール ] をクリックする。

[ コントロールパネル ] をクリックする。

画像

▶ 手順 3

コントロールパネルのカテゴリー表示から、システムとセキュリティー [ コンピューターの状態を確認 ] をクリックする。

画像

▶ 手順 4

セキュリティーとメンテナンスのダイアログメニューが表示されたら、[ 回復 ] をクリックする。

画像

▶ 手順 5

回復のダイアログメニューでは、[ 回復ドライブの作成 ] をクリックする。

画像

▶ 手順 6

回復メディア作成ツールのユーザーアカウント制御が表示されるため、[ はい ] をクリックする。

画像

▶ 手順 7

回復ドライブの作成ダイアログが表示される。

[ ☑ システム ファイルを回復ドライブにバックアップします。] のチェックボックスにチェックを入れる(デフォルトではチェックは入っている)。

[ 次へ ] をクリックする。

画像

ドライブのデバイスを検索するために、お待ちくださいを表示する。

画像

▶ 手順 8

USB フラッシュドライブの選択のダイアログメニューが表示され、使用可能なドライブ内から、USB メモリドライブを選択する。

ここでは、[ D:\(ESD-USB) ] をクリックして選択する。

[ 次へ ] をクリックする。

画像

▶ 手順 9

回復ドライブの作成のダイアログメニュー内に、「ドライブ上のすべてのデータが削除されます。」と、警告マークが表示されるため、内容を確認して [ 作成 ] をクリックする。

画像

回復ドライブを作成中のダイアログメニューが表示され、ドライブのフォーマットが開始される。

画像

ドライブのフォーマットが終わったら、ユーティリティのコピーが開始される。回復ドライブの作成が完了するまで、パソコンのスペックにもよるが45分程度、スペックが低い場合は100分程度待つことになる。

画像

▶ 手順 10

回復ドライブの作成がすべて終了すると、「回復ドライブの準備ができました」このコメントが表示されるため、[ 完了 ] をクリックして回復ドライブのダイアログメニューを閉じて、回復ドライブの作成を終了する。

画像
3、回復ドライブの確認など

エクスプローラの PC を開くと、デバイスとドライブが見て取れるため、回復ドライブを作成した USB メモリを確認すると、「回復」のドライブ名が表示されていることが分かる。

画像

回復ドライブのプロパティーを確認すると、作成した回復ドライブの容量は、5.42 GB であることが見て取れる。

画像

以下の画像は、USB メモリに生成された回復ドライブ内のフォルダーやファイルである。

画像

以下の画像は、 BIOS の First boot を USB ドライブに変更し、作成した回復ドライブを起動したダイアログメニューで、キーボードレイアウトの選択メニューが表示される。

なお、Windows の回復を実行する場合は、[ Microsoft IME ] をクリックして開始することになる。

画像

[ Microsoft IME ] をクリックすると、以下のオプションの選択ダイアログメニューが表示される。なお、回復を実行する場合は、[ ドライブから回復する ] をクリックする。

画像

[ ドライブから回復する ] をクリックすると、「ファイルの削除のみ行う」または「ドライブを完全にクリーンアップする」が選択でき、作成した USB ドライブから回復することができる。

画像

最後に、前画像から見て取れるように、ドライブから回復する他にもオプションが用意されている。トラブルシューティングを実施することで、Windows 10 の起動に関するトラブルに対応できるようになるため、回復ドライブを事前に準備しておくことをお勧めしたい。

page_top