消せない 回復パーティションなどを削除する方法

写真

換装などで未使用になり、WindowsがインストールされているHDDやSSDを、GUI(通常のグラフィック画面)でフォーマットを実行すると、EFI/OEM/回復パーティションなどは、フォーマットできないために残ってしまう。また、現在使用中のHDDやSSDの回復パーティションを削除したい場合もあるだろう。

このような場合はCUI(コマンドプロンプト画面)で、diskpart(ディスク管理コマンド)を実行することで簡単に削除できる。

Windowsのディスク管理は、ベーシックディスクとダイナミックディスクが主流であり、パソコン出荷時のディスク管理のデフォルトは、ベーシックディスクが使用されている。

そこでこのページでは、Windowsのディスク管理、ベーシックディスクの回復パーティションを削除する方法を、Windows 10のCUI画像を用いながら初心者でも理解できるように説明していくことにする。

1、削除するディスクの確認

最初にGUIで、ディスクの管理のダイアログメニューから削除するディスクを確認する。

ディスクの管理のダイアログメニューを表示する方法は複数用意されているが、一番簡単な方法はスタートボタンを右クリックし、コンテキストメニュー内のディスクの管理をクリックする。

他の方法では、Windowsロゴ + Rキーを押し、「ファイル名を指定して実行」のフォーム内に[ diskmgmt.msc ]を入力して起動する。

CUI操作で必要になるため、削除するパーティションのディスク番号を記憶するか記しておく必要がある。このページでは、以下画像の「ディスク 4」およびその「回復パーティション」のそれぞれにフォーカスをセットし回復パーティションを削除する。

写真
2、コマンドプロンプトの起動

スタートボタンをクリックし、以下の手順でスタートメニューからコマンドプロンプトを管理者権限で起動する。 また、通常起動した場合でも、後で実行する項目3の(1)ディスク管理コマンドを入力した時点で、管理者権限の起動に変更される。

画面左下の [スタートボタン] をクリックする。

[Windows システムツール] フォルダをクリックする。

[コマンドプロンプト] 右クリックする。

[その他] の上にマウスカーソルを移動する。

[管理者として実行] をクリックする。

写真

ビープ音とともに、ユーザーアカウント制御のダイアログメニューが表示されるため、 [はい] をクリックする。

写真

以下の画像は、コマンドプロンプト(CUI画面)が起動した画像である。

写真
3、回復パーティションの削除

diskpart コマンドを使用して、以下の手順で回復パーティションを削除する。

diskpart コマンドにより、コンピュータードライブのパーティションやボリュームなどを管理するには、まずディスクの一覧を表示する。その一覧から目的のディスクを選択してフォーカスをセットする必要がある。したがってディスクにフォーカスがある場合、diskpart コマンドが有効になり機能することになる。

diskPart を起動するため、カーソルの位置に[ diskpart ] を入力して[Enter] キーを押す。

写真

これで diskpart が使用できるようになり、コマンド入力待ちの状態になる。

参考

直接開きたい場合は、Windowsロゴ + Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」のフォーム内に[ diskpart ]と入力して[OK]ボタンをクリックすると即起動する。

写真

接続されているディスク一覧を呼び出すため[ list disk ]を入力して[Enter]キーを押す。

写真

接続されているすべてのHDDやSSDが表示される。パーティションを削除するディスク番号は冒頭で確認した「ディスク 4」である。

写真

「ディスク 4」にフォーカスをセットするため[ select disk 4 ]を入力して[Enter] キーを押す。

写真

ディスク 4 が選択されました。と表示される。これで「ディスク 4」にフォーカスがセットされた。

写真

確認のために[ list disk ] を入力して[Enter]キーを押す。

写真

表示されたディスクを確認すると「ディスク 4」の前にアスタリスク「※」が付いているため、フォーカスがセットされていることが見て取れる。

写真

さらに「ディスク4」のパーティションを確認するため[ list partition ]を入力して[Enter]キーを押す。

写真

削除する回復パーティションは「partition 1」であることが見て取れる。

写真

「partition 1」にフォーカスをセットするため[ select partition 1 ]を入力して[Enter]キーを押す。

写真

パーティション 1 が選択されました。と表示される。

写真

確認するために[ list partition ]を入力して[Enter]キーを押す。

写真

表示されたパーティションを確認すると「partition 1」の前にアスタリスク「※」が付いてるため、フォーカスがセットされていることが見て取れる。

写真

回復パーティションを削除するため[ delete partition override ]を入力して[Enter]キーを押す。

参考

通常、diskPart では、既知のデータ パーティションだけを削除できるが、「override」は読んで文字の如く、パーティションの種類にかかわらず、すべてのパーティションを削除できるため、削除するパーティションの要チェックは必須だろう。

写真

diskpart は選択されたパーティションを正常に削除しました。と表示され、回復パーティションは完全に削除されたことになる。

写真

コマンドプロンプトを終了するため[ exit ]を入力して[Enter]キーを押すとCUI 画面は消える。

写真
4、削除したディスクの確認

GUI画面に戻り、最初に確認をしたディスクの管理のダイアログメニューを表示して、削除したディスクを確認する。

表示されたダイアログメニューを確認すると「ディスク 4」回復パーティションが削除され、未割り当てになっているのが見て取れる。

写真
5、最後に

このページでは、回復パーティションを削除する方法を記してきたが、EFIや OEMなどのパーティションも同様の手順で削除できるため、参考にしていただければ幸いである。なお、間違っても使用しているシステムパーティションだけは削除しないでほしい。

CUIの操作に不慣れな場合は、コマンドのスペルのインプットミスが発生するため、私の記したスペル(赤い文字)をコピペして作業を行うと手間が省けると思う。

最後に、自信のない方は見様見真似で行わないで、パーティションを削除できるソフトや Linuxなどを利用することも選択肢の一つである。

page_top