Windows 11 ISOをRufusでダウンロード

画像

Rufus(The Reliable USB Formatting Utility, with Source[5]) は、Pete Batard(ピート・バタール)氏によって開発され、フォーマットして起動可能なUSBドライブ(Live USB)を作成するためのツールである。Rufusは完全に無料で使いやすいツールであり、使用するには他のデスクトッププログラムのようにインストールする必要がない。

Rufusは、広告やバナーやバンドルソフトが付属していないフリーソフトウエアであり、公式サイトからダウンロードして使用すれば、ウイルスやマルウェアに攻撃される心配のない、合法で安全なアプリケーションである。また、以下は、このプログラムの主な機能の一部である。

ISOファイルから、起動可能なUSBフラッシュドライブを作成することができる。

WindowsのISOイメージファイルを、PCにダウンロードすることができる。

DOS互換環境で、MBRパーティションでレガシーツールを実行することができる。

Syslinux4.07/ReactOS/Grub2.04/UEFI:NTFSなどの高度なブート選択が可能である。

ISOイメージで起動メディアを作成するために、MBRおよびGPTをサポートしている。

USBドライブをFAT/NTFS/FAT32/exFAT/UDF/ReFSのフォーマットや編集ができる。

このページでは、Rufusを使用してWindows 11 のISOファイルをダウンロードする手順を、Windows 11 22H2の画像を用いながら詳細に記すことにする。

Windows 11のISOファイルから、Windows 11の最小システム要件をすべて回避するUSBメディアを作成する場合は以下を参照すること。

Windows 11 要件すべて回避するUSB作成

【留意事項】

Windowsのバージョンやエディションおよびアップデート状況などにより、表示画面および機能または操作手順などが若干異なる場合がある。

1、Rufusのダウンロード

以下、Pete Batard氏の公式サイトから、最新のRufusをダウンロードする。

Rufusのダウンロード ➡ https://rufus.ie/ja/

画像
2、Windows 11 ISOファイルのダウンロード手順

Rufusを使用して、Windows 11 ISOファイルをダウンロードする手順を詳細に記す。

▶ 手順 1

ダウンロードした実行ファイル[rufus-3.20.exe]をダブルクリックしてRufusを起動する(ファイルの数字はバージョンによって違ってくる)。

画像

▶ 手順 2

ユーザーアカウント制御のダイアログメニューが表示されるため[はい]をクリックする。

画像

▶ 手順 3

Rufusが起動するため、以下の操作を手順に従って行う。

選択横の[▼]プルダウンメニューをクリックする。

表示されたニュー内の[ダウンロード]をクリックする。

画像

▶ 手順 4

表示がダウンロードに変わるため、再度[ダウンロード]をクリックする。

画像

▶ 手順 5

ISOイメージのダウンロード ダイアログメニューが表示されるため、バージョンのプルダウンメニューから[Windows 11]をクリックする。

画像

▶ 手順 6

[続ける]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順 7

リリースのプルダウンメニューから、最新のリリースを選択してクリックする。

画像

▶ 手順 8

[続ける]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順 9

エディションのプルダウンメニューから、最新のエディションを選択してクリックする。現時点では3つのエディションをまとめて選択できるため1つのメニューしかない。

画像

▶ 手順10

[続ける]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順11

言語のプルダウンメニューに日本語が表示されていない場合、または日本語以外の言語が必要な場合は、プルダウンメニューから選択してクリックする。

画像

▶ 手順12

[続ける]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順13

アーキテクチャをプルダウンメニューから選択する。現時点ではWindows 11のアーキテクチャは64bitしかないため次へ進む。

画像

▶ 手順14

選択したすべての項目を確認し、間違いがある場合は[戻る]ボタンで必要な項目まで戻り修正する。間違いがない場合は[ダウンロード]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順15

保存先のダイアログメニューが表示されるため、保存フォルダーなどを選択して保存する。

このページでは[Windows 11 22H2 ISO]フォルダーを作成して選択した。

[保存]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順16

保存ボタンをクリックすると、即ダウンロードが開始されて以下画像のように、ダウンロードの状態がパーセンテージで見て取れるようになる。

画像

▶ 手順17

以下は、Windows 11のISOファイル作成が完了した画像である。

ISOファイルのコピーが100%完了してフォーム内の色がすべて変わり、準備完了と表示される。

[閉じる]ボタンをクリックしてRufusを終了する。

画像

▶ 手順18

ダウンロードしたWindows 11 ISOファイルを確認すると、Win11_22H2_japanese_×64v1.isoとなっているのが見て取れる。

ISO ファイルの最も一般的な用途は、仮想ディスクにマウントして外付けのディスク リーダーを使わずに、物理ディスクとして扱うことができる。また、 ISOファイルでUSB ストレージ デバイスまたは CDに書き込むことができ、Windowsにトラブルが発生した場合など、大変貴重なファイルである。そのため大切に保存しておく必要があるだろう。

画像
3、Rufusのアイコン内容

Rufusを使用したWindows ISOファイルのダウンロード手順を詳細に記したため、画像が多くなり長くなってしまった。最後に、Rufusの左下に用意されているアイコンの説明をして終了する。

アプリケーションの使用言語を変更する。

このアプリケーションの情報を表示する。

アプリケーションの設定を表示する。

使用したログを表示する。

以下に表示されているダイアログメニューは、アプリケーションの設定を表示したものである。 画像
page_top