BAT/VBSファイルをピン留めする方法

画像

Windows上で頻繁に使用するソフトウエアをピン留めしておくと、即使用したいソフトウエアを探す必要もなくなり、簡単に起動できるために大変便利な機能である。

Windowsの標準ソフトウエアおよび、Windowsのシステムに関連付けられて作成されたソフトウエアは、コンテキストメニューから簡単にタスクバーやスタートメニューにピン留めができる。しかし、自作などのBATファイルやVBSファイルは、Windowsシステムに関連付けられていないため、コンテキストメニュー内にピン留めが表示されない。このようなソフトウエアをピン留めするには、一工夫する必要がある。

そこで、このページでは自作したBAT/VBSファイルをタスクバーやスタートメニューなどにピン留めできるように手順を追いながら、初心者にも理解できるようにWindows 10の画像を用いて記すことにする。

なお、Windows 10のバージョンやエディションおよびアップデート状況などにより、表示画面および機能または操作手順などが若干異なる場合があるため、ご承知置き願いたい。

1、タイルグループとタスクバーにピン留めする

最初に、スタートメニューのタイルグループおよびタスクバーにピン留めする手順を記す。また、このページではBATファイルを用いたが、VBSファイルも同様の手順でピン留めができる。

▶ 手順1

ショートカットを作成するため、ピン留めをしたいBATファイルを右クリックし、表示されたコンテキストメニュー内の[ショートカットの作成]をクリックする。

画像

▶ 手順2

BATファイルのショートカットが生成されたら、そのショートカットを右クリックし、コンテキストメニュー内の[プロパティ]をクリックする。

画像

▶ 手順3

プロパティのダイアログメニューが表示されたら、リンク先のフォームに以下のコマンド実行ファイルおよびそのオプションを入力する。

パスの先頭に[cmd /c]を入力する( は半角空けることを示し、入力しないこと)。

例、[ cmd/c"C:\Users\ユーザー名\Desktop\backup.bat" ]

[cmd] 拡張子省略形で、コマンドプロンプトを起動してBATファイルを実行する。

[/c] このオプションは、BATファイル実行後にコマンドプロンプトを終了する。

パスを囲んでいるダブルクォーテーション(" ")は、パス内にスペースがある場合は必要であり、スペースがない場合は必要ない。

入力ミスがなければ[OK]をクリックし、プロパティを終了する。

画像

▶ 手順4

プロパティを終了すると、ショーカットのアイコンがコマンドプロンプトの黒いアイコンに変わる。そのアイコンを右クリックすると、以下のコンテキストメニューが表示される。

[スタートメニューにピン留めする]をクリックすると、タイルグループにピン留めできる。

[タスクバーにピン留めする]をクリックすると、タスクバーにピン留めできる。

画像

▶ 手順5

スタートメニューのタイルグループを確認すると、BATファイル ショートカットのタイルが生成されている。また。タスクバーにもピン留めされているのが見て取れる。

しかし、左側のスタートメニュー内には、BATファイルのショートカットは見当たらない。そのため、左側のスタートメニューにピン留めする方法は次項目2から記すことにする。

スタートメニューのタイルグループにピン留めができている。

タスクバーにピン留めができている。

画像
2、左側のスタートメニューにピン留めする

いままでの方法で、タスクバーおよびスタートメニューのタイルグループにはピン留めできたが、左側のスタートメニューにピン留めされていない。そのため、左側のスタートメニューにピン留めしたい場合は以下の方法で行う。

▶ 手順1

作成したBATファイルのショートカットを、ユーザーのプログラムフォルダーにコピペまたは移動する。以下はプログラムフォルダーのパスである。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows

\スタート メニュー\[プログラム ]

画像

▶ 手順2

ピン留めの結果を確認すると、左側のスタートメニューにBATファイルのショートカットが生成され、ピン留めされているのが見て取れる。

画像

▶ 手順3

左側のスタートメニューにピン留めしたショートカットから、タイルグループにピン留めする場合は以下の要領で行う。

スタートメニューのショートカットを右クリックする。

[スタートにピン留めする]をクリックする。

画像

▶ 手順4

タイルグループのピン留めの結果を確認すると、以下の画像のようにBATファイルのショートカットタイルが生成され、ピン留めされているのが見て取れる。

画像
3、その他

ここまでいろいろなピン留めの方法を分かりやすいように、余計な手を加えず手順を追って記してきたが、もう少し手を加えれば奇麗なピン留めができる。

まず考えられるのは、ショートカット名のショートカットを削除する。または、ショートカット名を分かりやすい名前に変更する。さらに、アイコンをWindowsシステム内のアイコンに変更する。または、好みのアイコンを自作して変更する。などの変更を加えれば見栄えのいいピン留めができて素早く起動できるだろう。

それでは、楽しく快適なパソコンライフをお過ごしください。

page_top