PowerShell 7 を Windows にインストールする

画像

Windowsには、コマンドプロンプトというCUIが存在しているが、現在ではコマンドプロンプトに置き換わるものとして、Windows PowerShellが標準搭載されている。コマンドプロンプトとPowerShellはどちらも同じCUIであり、PowerShellはコマンドプロンプトが抱えている、いくつかの問題点を改良した作りになっている点が注目されるところである。

現在でもコマンドプロンプトは使えるが、特に目的がない場合はPowerShellを利用するほうがベストだろう。なぜなら、OSやアプリなどはセキュリティを強化して、扱いやすくなった新しいものへアップグレードすることが推奨されているように、今後はコマンドプロンプトに代わって、PowerShellが普及していくと考えられるからである。

PowerShell 7は2018年1月にMicrosoftが発表したPowerShellの新しいエディションであり、Windows PowerShellがWindows OSに同梱されているWindows専用だったのに対し、PowerShell 7はクロスプラットフォームで利用できるオープンソースソフトウエアとして、Windows以外にもさまざまなOSで利用できる。また、Windows PowerShellはすでに開発は終了され、現在はバグフィックスのみが行われている。一方PowerShell 7の開発は活発で、新機能の開発などが積極的に進められており、近々PowerShell 7に置き換わることが予測される。

このようなことからこのページでは、PowerShell 7のダウンロードからインストールまでを、初心者の方でも分かりやすいようにGUI画面を利用し、Windows 11の画像を用いながら記していくことにする。

また、Windowsのバージョンやエディションおよびアップデート状況などにより、画面表示および機能または操作手順などが、若干異なる場合があることをご容赦いただきたい。

1、PowerShell 7のダウンロード手順

ここでは、Microsoft公式Webサイトにアクセスし、PowerShell 7をダウンロードする手順を記す。また、多少読みづらくなるが、PowerShell 7のバージョンアップについても付加するため参考にしていただきたい。

▶ 手順1

このページでは一気にWebサイトに行かず、以下の方法でダウンロードする。

[スタートボタン]を右クリックする。

表示されたメニュー内の[Windows ターミナル]をクリックし、Windows PowerShellを起動する。

画像

▶ 手順2

Windows PowerShellが起動したら、「新機能と改善のために最新のPowerShellをインストールしてください!https://aka.ms/pswindows」のURLの部分[https://aka.ms/pswindows]を、[Ctrl]キーを押しながらクリックする。

URLの表示がない場合やクリックできない場合は、直接ここ➡ https://aka.ms/pswindows をクリックする。またはURLをブラウザに張り付ける。

画像

●バージョンアップの場合

PowerShell 7がすでにインストールされている場合は、以下のバージョンアップが表示される。その場合も前記と同様に、URLの部分を[Ctrl]キーを押しながらクリックする。

URLの表示がない場合やクリックできない場合は、直接ここ➡ https://aka.ms/PowerShell-Release?tag=v7.2.3 をクリックする。またはURLをブラウザに張り付ける。なお、バージョンアップによりv7.2.3の数値は変わる。

画像

▶ 手順3

MicrosoftのPowerShell 7のページが表示されたら、項目「PowerShell 7のインストール」までスクロールし、「⦁ MSI パッケージを使用して PowerShell を展開する」の[MSI パッケージ]の文字をクリックする。また、バージョンアップの場合は「▶手順4」から見ていただきたい。

MSI パッケージとは、「Microsoft Windows Installer」の略称であり、Windowsのソフトウエアのインストーラーで、拡張子が「.msi」のファイルである。

画像

▶ 手順4

PowerShell インストールのページが表示されたら、「MSI パッケージのインストール」までスクロールして、64bit版の[⦁ PowerShell-7.2.2-win-x64.msi]を選択し、クリックしてダウンロードする。なお、バージョンアップによりv7.2.2の数値は変わる。

画像

●バージョンアップの場合

PowerShellのリリースページが表示されたら、「▼ Assets 」までスクロールし、64bit版の[ PowerShell-7.2.3-win-x64.msi ]の文字をクリックする。なお、バージョンアップによりv7.2.3の数値は変わる。

画像

▶ 手順5

以下の画像はEdgeのダウンローダーで、任意の場所へダウンロードする。このページでは、「PowerShell-7.2.2-x64」のフォルダーを作成し、その中にダウンロードした。また、バージョンアップの場合はフォルダ名の数値をバージョンに合わせる。

画像
2、PowerShell 7のインストール手順

ダウンロードしたPowerShell 7を確認すると、以下画像のように PowerShell-7.2.2-win-x64.msi パッケ-ジが見て取れるため、インストールを実行していく。なお、バージョンアップによりv7.2.2の数値は変わる。

▶ 手順1

[PowerShell-7.2.2-win-x64.msi]をダブルクリックしてインストールを開始する。

画像

▶ 手順2

PowerShell 7-x64 Setup Wizardのダイアログメニュー(以下「ダイアログ」と記す)が表示されたら、[Next]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順3

Destination Folderのダイアログでは、Changeボタンをクリックしてインストール先を指定できる。こだわりがなければ、デフォルトのまま[Next]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順4

Optional Actionsダイアログでは、初期値のカスタマイズができるため、内容を確認して必要な項目のチェックボックスにチェックを入れる。

こだわりがなければ、以下2カ所はデフォルトのままにする。

画像 Add PowerShell to Path Environment Variable

画像 Register Windows Event Logging Manifest

チェックボックス内容の翻訳を上から順に記す。

画像 PowerShellをパス環境変数に追加する。

画像 Windowsイベントログマニフェストを登録する。

□PowerShellリモーティングを有効にする。

□「ここで開く」コンテキストメニューをエクスプローラーに追加する。

□PowerShellファイルの「PowerShell7で実行」コンテキストメニューを追加する。

確認できたら[Next]ボタンをクリックして次へ進む。

画像

▶ 手順5

Updateに関するダイアログでは、内容を確認して必要な項目のチェックボックスにチェックを入れる。このオプションはアップデートに関するチェック項目のため、通常はチェックを入れた、デフォルトの状態にする必要があるだろう。

チェックボックス内容の翻訳を上から順に記す。

画像 Microsoft Updateまたは、ウィンドウズサーバーアップデートサービスを介したPowerShellの更新を有効にする。(推奨)

画像 更新プログラムを確認するときは、Microsoft Updateを使用する。(推奨)

確認できたら[Next]ボタンをクリックして次へ進む。

画像

▶ 手順6

PowerShell 7-x64セットアップダイアログでは、[Install]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順7

ユーザーアカウント制御のダイアログ表示されるため、[はい]をクリックする。

画像

PowerShell 7-x64のインストールが開始される。

画像

▶ 手順8

インストールが終了すると、PowerShell 7-x64セットアップウィザードを完了ダイアログが表示される。この時点では起動したくないため、左下の[▢ Launch PowerShell]「PowerShellを起動」のチェックを外し、[Finish]「完了」をクリックしてセットアップを終了する。

画像

▶ 手順9

PowerShell 7-x64のデフォルトインストール先C:\Program Files\PowerShell\7を確認すると、実行ファイル[pwsh.exe]が見て取れる。

スタートメニューやタスクバーに登録、またはショートカットで起動したい場合など、[pwsh.exe]を右クリックし、表示されたコンテキストメニュー内から登録することができる。

画像
3、Windows PowerShell から PowerShell 7 への変更

PowerShell 7を通常使用できるように、既存のWindows PowerShell から インストールしたPowerShell 7へ変更する手順を記す。また、Windows PowerShell は削除されていないため、変更しても設定して使用できる。

また、バージョンアップの場合は「▶手順5」から見ていただきたい。

▶ 手順1

最初と同様、スタートボタンの右クリックから[Windows ターミナル]をクリックし、Windows PowerShellを起動する。

画像

▶ 手順2

Windows PowerShellが起動したら、上部の[設定を開く]をクリックする。

画像

▶ 手順3

設定メニューが表示されたら以下の操作を行う。

既定のプログラムのプルダウンメニューから、[PowerShell]を選択する。

PowerShellの表示を確認し、右下の[保存]をクリックする。

すべてを閉じるため、右上の[閉じるボタン]をクリックする。

画像

▶ 手順4

すべてのタブを閉じますか?のダイアログが表示されるため、[すべて閉じる]ボタンをクリックする。

画像

▶ 手順5

再度、スタートボタンの右クリックから[Windows ターミナル]をクリックすると、以下画面のPowerShell 7が起動する。

以下画像のように、上部タイトルバーの[⋁ ]プルダウンメニューをクリックすると、設定などのメニューが表示される。

画像

▶ 手順6

プルダウンメニュー内に、最初に起動されていたWindows PowerShellやコマンドプロンプト、設定などの項目が見て取れる。ここでは、コマンドプロンプトを起動してみるため、[コマンドプロンプト]をクリックする。

画像

▶ 手順7

以下の画像は、コマンドプロンプトが起動した画像である。

画像

▶ 最後に

このページではPowerShell 7のダウンロードからインストールまでを記してきたが、PowerShell 7はWindows PowerShellやコマンドプロンプトなど、サイド バイ サイドで動作するため、各エディション間で比較することができる。CUI(キャラクタユーザ-インターフェース)マニアにとっては、打って付けのツールになるのではないだろうか?

それでは、楽しく快適なパソコンライフをお過ごしください。

page_top