パソコンを指定時刻に自動でシャットダウンする

画像

Windows のタスクスケジューラは、特定の日時または特定イベントの発生時に、自動的に操作を実行するタスクのスケジュールができる。また、タスクの実行や無効化および変更、削除などがライブラリ内から操作できる。普通にパソコンを使用している場合はあまり必要ないが、一日中パソコンを稼動させているサーバーなどは、リフレッシュのための再起動や、稼動させたくない時間帯には、稼動停止のためのシャットダウンなどが必要になってくる。

このページでは、「パソコンを指定した時刻に自動的にシャットダウンするタスクの作成」を、Windows の画像を用いながら記すことにする。

なお、Windows のバージョンやエディションおよびアップデート状況などにより、表示画面および機能または操作手順などが若干異なる場合がある。

関連記事

パソコンを指定時刻に自動で再起動する

パソコン起動時にアプリを自動起動する

タスクスケジューラの設定内容の詳細

1、タスクスケジューラの起動

タスクスケジューラを起動するため[Win+R]キーを押す。または、スタートボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開く。

ファイル名を指定して実行のフォーム内に[taskschd.msc] を入力する。

[OK]ボタンをクリックする。または[Enter]キーを押す。

画像

以下は、Windowsのタスクのスケジューラが起動した画像である。

画像
2、タスクの作成手順

タスクスケジューラが起動できたらタスクの設定を行う。ここでは、稼動しているパソコンを指定した時刻に自動的にシャットダウンするタスクを作成する。

▶ 手順 1

左ペインのツリー[タスクスケジューラライブラリ]をクリックして選択する。

右ペインの[基本タスクの作成] をクリックする。

画像

▶ 手順 2

「基本タスクの作成」の「名前」フォーム内に分かりやすい名前を付ける。

このページでの名前は「指定時刻にシャットダウンする」とした。

[次へ] をクリックする。

画像

▶ 手順 3

「トリガー」を設定する。

[◉毎日] にチェックを入れる (必要に応じて、毎週/毎月など)。

[次へ] をクリックする。

画像

▶ 手順 4

トリガーの「開始日時」および「間隔」などを入力する。

[開始]および[日時]を半角文字で入力または選択する。

「タイムゾーン間で同期」は、協定世界時(UTC)に同期する場合にチェックする。

[毎日]に、間隔を半角数字で入力する (1は毎日、2は 1日おき、3は 2日おき)。

[次へ] をクリックする。

画像

▶ 手順 5

「プログラムの開始」を設定する。

ここでは、トリガーによって実行されるプログラムまたはスクリプトを指定するため[参照] ボタンをクリックし、そのパスを指定する。

実際には、Windowsシステムツールの場合は、プログラムまたはスクリプト名のみでも問題ないが、ここでは「参照」からパスをたどることにする。

画像

▶ 手順 6

このページで使用する実行プログラム「shutdown.exe」のパスをたどる。なお、拡張子を非表示にしている場合は「shutdown」となる。

[shutdown.exe] が見つかったらクリックして選択する。

shutdownのパスは「C:\Windows\System32\shutdown.exe」である。

ファイル名のフォーム内に、[shutdown.exe] が表示されたことを確認する。

[開く] をクリックして確定する。

画像

▶ 手順 7

「引数の追加(オプション)」を入力する。

まず「プログラム/スクリプト」のフォーム内に「shutdown.exe」のパスが表示されていることを確認しておく。

「引数の追加(オプション)」 に[/s /t 60 /f /c "指定時刻にシャットダウンする"] を、各引数およびオプション間に必ず半角スペースを開けて入力する。

引数やオプションについては、以下の「参考 引数やオプションの内容」を参照すること。また、ダブルクオートの部分は、シャットダウン時のダイアログメニュー内のコメントになる (以下、最後の画像を参照)。

開始オプションについては、オプションが必要な場合は追加するが、ここでは必要ないため空白にする。

参考 引数やオプションの内容。

 引  数  内       容
 /s シャットダウン
 /r 再起動
 /l ログオフ
 /h 休止状態
 /a シャットダウン中止
 /t ??? 設定時刻からシャットダウンまでの時間(秒)
 /c "???"   シャットダウン時のメッセージ
 /f 実行中アプリの強制終了

[次へ] をクリックする。

画像

▶ 手順 8

基本タスクの作成を完了したため、設定した内容を確認する。

「名前」をチェックする。

「トリガー」および「操作」をチェックする。

間違いなければ、[完了] をクリックする。

画像
3、タスクの確認および変更要領など

基本タスクの作成を終了すると、タスクスケジューラの初期表示になり、今回設定した「指定時刻にシャットダウンする」のタスク名が見て取れるため確認しておく。

画像

タスクスケジューラの変更や削除などを行う場合は、以下の要領で行う。

作成したタスク名の行をクリックして選択する。

右ペインの操作フォーム内「選択した項目」のプルダウンメニューに、アクセスできる項目が表示されるため、「実行」や「終了」および「無効化」や「削除」などを行う事ができる。タスクの変更を行う場合は、[プロパティ] をクリックして再編集を行う。

上部メニューの「操作」をクリックしても、コンテキストメニューが表示されるため、同様の操作が可能である。

画像

タスクに設定した開始時刻が近づくと、設定時刻からシャットダウンまでの間に、引数にダブルクオートで設定した「指定時刻にシャットダウンする」の文字が、以下左側の画像のダイアログメニュー内に表示される。しばらくすると、以下の右画像にシャットダウンまでの時間と日時が表示されるようになる。また、[閉じる] をクリックしても表示は消えるが、タスクは設定通り実行される。

画像
page_top