Lenovo G50 USBから起動

近年パソコンの出荷台数では、Lenovo(レノボ)が世界最大のPCベンダーとなった。また、国内市場シェアはナンバーワンとなり約4割を占めている。シェア力の高い要因はIBMやNECの絡みもあることから、低価格でも品質が良いことで、大勢の人が評価しているということであろう。

しかし、BIOS(Basic Input Output System)の設定項目のすべてが英語表記ということもあり、「設定が難しい!」とか「なんとなく設定を変更したが元に戻せなくなってしまった!」などという声が多くの初心者から聞かれる。そこで今回はLenovo G50のパソコンを、Legacy起動用のUSBメモリから起動(Boot)する方法を記すことにする。


<<< Lenovo G50 BIOS の関連ページ >>>

Lenovo G50 USB から起動(このページ)
Lenovo G50 CD/DVDから起動
Lenovo G50 ホットキー変更
Lenovo G50 BIOSの初期化


変更する BIOSは、Lenovo G50のノートパソコン に搭載されているInsydeH20 Setup Utilityである。

BIOSの起動は、パソコンがシャットダウンされた状態から起動するため、起動している場合はシャットダウンしてから、以下の操作を順を追って行う。

1、パソコンに向かって左側の電源ジャックの手前に、小さなプッシュスイッチ(Novoボタン)があるため、爪楊枝やプラスチック製のボールペンの芯を引っ込めた状態で押す。金属製のものは、傷つくために使用しない。

画像

2、Lenovoのロゴが表示された後に、Novo Button Menuが表示されるため、Legacy起動用のUSBメモリをUSBポート に挿入する。挿入後BIOS Setupを選択して[Enter] キーを押す。

各項目を選択するには[矢印]キーを使用し、確定は[Enter]キーを使用する。戻る場合は[Esc]キーを使用する(以下同様)。

画像

3、上部メニューのBootを選択してBoot Modeを選択し、[Enter]キーを押す。

画像

4、初期設定はUEFIになっているため、片方のLegacy Supportを選択して[Enter]キーで確定する。

上記とは逆にLegacy Supportに設定されており、UEFI起動用のUSMメモリを起動する場合はUEFIに設定する。

画像

5、直ぐ下のBoot Priorityを選択して[Enter]キーを押す。

画像

6、初期設定はUEFI Firstになっているため、片方のLegacy Firstを選択して[Enter]キーで確定する。

画像

7、直ぐ下USB Bootの右側、モードの初期値はEnabledだがDisabledになっている場合はそのまま[Enter] キーを押す。もしも、初期値がEnabledになっている場合は、以下の 9番へ進む。

画像

8、片方のEnabledを選択して[Enter]キーで確定する。

画像

9、ここまで 3カ所を変更したが、変更したモードに設定されているか確認をする。

❶ Boot Mode ➡ Legacy Support

❷ Boot Priority ➡ Legacy First

❸ USB Boot ➡ Enabled

画像

OSがWindows10の場合はOS Optimized Defaultsを選択すると小窓が表示されるためOther OSを選択して[Enter]キーを押す。

画像

10、上部メニューのExitを選択し、Exit Saving Changesを選択して[Enter]キーを押す。

画像

11、「Exit Saving Changes?」と聞いてくるため、Yesを選択して[Enter]キーで確定する。

画像

確定後の再起動時にMovo Button Menuが表示された場合はBoot Menuを選択する。

画像

Legacy USBに表示されているUSBメモリスティックを選択して[Enter]キーを押す。

画像

12、BIOSは初期化されてオペレーティングシステムへ作動が引き継がれ、Boot loaderが読み込まれてシステムが立ち上がる。

以下は、Windows 10のシステム修復USBメモリを起動させ、表示させた画像である。

画像
page_top