Windows 10 21H1 ISOファイルの作成

画像

Windowsを使用しているユーザーが、Windows10を快適に使い続けるためには、春と秋に行われる大型アップデートへの対応は欠かせない。しかし、今回の21H1は小規模なアップデートだけに配信容量が少ないため、内容的にもWindowsのコア部分に大きな変更は加えられていない。そのため、アップデート適用後にトラブルなどが発生する可能性は低く、安心してインストールできるアップデートであると言えるだろう。

このページでは、最新版Windows 10 May 2021 Updateをダウンロードして、Windows 10 21H1 ISOファイルを作成する手順を画像を交えながら記すことにする。

Windows 10 21H1 USBメディアを作成する場合は以下を参照。

Windows 10 21H1 USBメディアの作成

1、メディア作成ツールのダウンロード

最初に、以下のMicrosoft Windows 10のダウンロードサイトでメディア作成ツールを入手し、Windows 10 21H1 ISOファイルを作成する。

Microsoftのウェブサイト ➡ Windows 10 のダウンロード

以下画像のMicrosoft ウェブサイトが表示されたら、[ツールを今すぐダウンロード]をクリックして、メディア作成ツールをダウンロードする。

ダウンロード先は任意で問題ないが、このページでは分かりやすいように、デスクトップ上にダウンロードした。ダウンロードしたメディア作成ツールのファイル名は、「MediaCreationTool21H1.exe」である。

参考、メディア作成ツールは、以下のような機能を備えている。

Windows 7/8を、Windows 10にアップグレードする。

Windows 10をアップデートする。

Windows 10インストール用ISOファイルをダウンロードして保存する。

Windows 10インストール用USBメモリを作成する。

画像
2、Windows 10 21H1 ISOファイルの作成手順

前記でダウンロードした実行ファイル、メディア作成ツールを起動して、最新版 Windows 10 21H1 ISOファイルを作成する手順を記す。

ダウンロードした[MediaCreationTool21H1.exe]をダブルクリックして起動する。

ユーザーアカウント制御メニューが表示されるため、[はい]をクリックする。

画像

Windows 10 セットアップメニューが表示され、準備のため数秒間待たされる。

画像

適用される通知とライセンス条項では、内容を確認して[同意する]をクリックする。

画像

準備のため数秒間待たされる。

画像

アップグレードまたはインストールメディアの選択メニューが表示される。

[◉ 別のPCのインストールメディアを作成する]のラジオボタンにチェックを入れる。

[次へ]をクリックする。

画像

オプション選択メニューが表示され、プルダウンメニューに現在使用しているPCの言語、アーキテクチャ、エディションが表示される。

[このPCにおすすめのオプションを使う]のチェックボックスにチェックを入れる。

他のプルダウンメニューはそのままで[次へ]をクリックする。

参考

現在使用しているPC以外のPCにインストールする場合は、チェックボックスのチェックを外し、言語、アーキテクチャ、エディションを変更して[次へ]をクリックする。この場合は、クリーンインストール時にプロダクトキーが必要になる。

画像

使用するメディアを選択するメニューが表示される。

ここでは、[◉ ISOファイル]のラジオボタンにチェックを入れる。

[次へ]をクリックする。

画像

ダウンロードするISOファイルの保存先を指定するメニューが表示される。

保存先は任意だが、ここではデスクトップに「Windows10 21H1_ISO」フォルダを作成して保存先に指定した。

ファイル名が「Windows.ISO」になっていることを確認する。

[保存]をクリックする。

画像

Windows 10 のダウンロードメニューが表示され、PCのスペックにもよるが若干の時間を要する。進行状況が百分率で表示される。

画像

ダウンロードが終了すると検証がはじまり、検証が終了すると連続してWindows 10のメディア作成メニューが表示される。

画像

メディアの作成が終了すると、「ISOファイルをDVDにコピーしてください」と、ダイアログメニューが表示される。

作成された「windows.iso」ファイルの保存先パスが表示される。

DVDの書き込みが準備されていると、[DVD書き込み用ドライブを開く]をクリックし、DVDレコーダーを指定してISOファイルの書き込みができる。

[完了]をクリックして、ISOファイルの作成を終了する。

画像
3、最後に、作成したWindows 10 21H1 ISOファイルの確認

デスクトップに作成した「Windows10 21H1_ISO」フォルダを確認すると、以下画像のWindows.isoファイルが生成されているのが見て取れる。

[Windows.iso]ファイルを右クリックすると、コンテキストメニューに[マウント]が用意されているため、そのままマウントしてアップデートする。または同コンテキストメニュー内に[ディスクイメージの書き込み]も用意されているため、DVDに焼き込んで後でインストールする等々、ISOファイルを用意しておくと、Windowsにトラブルが起きても安心である。

参考

ディスク書き込みソフトをインストールした場合は、その書き込みソフトがファイルの関連付けを変更してしまうため、コンテキストメニュー内にマウントやディスクイメージの書き込みが表示されなくなる場合がある。

再表示したい場合は [ISO ファイル]を右クリックして、コンテキストメニュー内の[プロパティー]をクリックする。表示されたプロパティーメニューの[全般]タグでプログラムの[変更]ボタンをクリック、[エクスプローラー]を選択し、[OK]をクリック、さらに[OK]をクリックしてダイアログメニューを閉じると再表示されるようになる。

画像
page_top